老いぼれ爺さんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都にも、あった限界集落!!

<<   作成日時 : 2019/01/08 21:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もうここに住むのは、限界だ、
限界集落とは、こんなことから始まったとか、何か、落語のネタなのか、私にはわからないが、とにかく驚いた、東京都にも限界集落が存在したことだ、しかし、この村は、一生懸命に取り組んでいることが、何か、参考になるのではないかと、思う次第です。

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/tokyo-village


私は、定年になってから、限界集落みたいなところを単車で、廻ったが、山の綺麗な水を利用して、
会社を興し、社員200人の会社に成長させてておられる方も、おられました。

地域として和紙を作っておられる村も、ありました。割箸を作っておられるところも、ありました。

材木でもうけたときに、老人ホ−ムに進出して、成功を収めておられる村も、ありました。

そばの産地として、有名になっているところありました。

これらの方はもやはり、常に先を見ておられたのでは思います。


人口は、減少するのは、自然減が多いと、思います。若者が結婚できないので、村を去ることだと思います。魅力ある村つくりをしない駄目だと、思います。

今から、30年〜50年前の新興住宅でも、人口減少を食い止めることができないのではないかと、思います。
年寄りが、自分らの、遊びばかりに熱中しているところも、駄目なのでは、思えてなりません。

魅力ある都市つくりをしないと駄目なのではないでしょうか、一人一人が、協力することが大切なのでは、無いでしょうか、


何も、やらない村は、いくら市街地であっても、各家庭が、減少するのではないでしょうか、

東北の地震の時は、絆という言葉が、大変言われましたが、日本人というものは、あっさり、忘れているのか、
最近は、絆という言葉なんか、言うものがいないのでは、無いでしょうか、

最近は、孤独死が多くなってきております、独り者の方が、浴槽の中で、亡くなっていて、何日か後に、お子さんが、電話をしても、出ないので、実家に帰り、発見されたということがあちらこちらで、お聞きします。

自治会とか、民生委員は、積極的にこの問題を取り上げて、対策を考える事が、大切なのでは、無いでしょうか、よく、プライバシ-とか、言いますが、何か、自治会の役員の逃げ口上みたいに、思えてなりません。

これから、人不足がどんどん進み、定年も、75歳が当たり前になってくると、自治会の役員なんか、するものがいなくなると、考えられます。できるだけ、事務の省力化も、することが大切と思います。未來指向の考えを持っ事、
なるべく大きな組織なしておくことも、大切なことではないでしょうか、

環境問題は、いまやっておかないと、これからは、もっとできなくなるのでは、思います。

道を拡げる事が大切と思います。


各家庭に置かれましては、車の車庫は、最低、3台は、おかれるように、すべきです。
賃貸住宅は、来客用の駐車場は、3室に1台の割で設置すべきです。
若者が好む家にリフォ−ムすることも、大切と思います。
各家庭が四季折々の花を咲かせるように、工夫すべきと思います。


村の夏祭りなんかをやって、親交することも、大切と思います。


皆様には、明日も、いい日でありますように、








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

東京都にも、あった限界集落!! 老いぼれ爺さんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる