老いぼれ爺さんの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 地獄の沙汰も、金次第?

<<   作成日時 : 2018/09/10 10:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

私の地区は、新聞配達が、朝の3時半ころに毎朝来てくれますので、毎朝早く新聞を読めるのが楽しみなのです。

今日は、3時半郵便受けに、新聞がないので、気が付きました。
今日は、新聞休みだった。


寂しい月曜日、朝日新聞天声人語も読めないなんて、本当に寂しい朝。
台風22号の影響か、雨がしとしとと、降っており、台風22号、あなたは、来ないでと叫んでも、通じない。


78歳の老いぼれ爺さんには、本当に寂しいです。

78歳もなると、親しい友人たちも、亡くなり、本当に寂しい。


儚い人生が、終わろうとしているのかな、

昔、墓ない人生にならないようにと、墓を求めて、田舎の安い墓を求めて買ってましたが、今は、墓じまいを
する方が、多くなりました。こんな世の中が、来るとは、考えたでしょうか、

私の村の墓は、3つの村の墓地なのですが、こんな田舎の墓なのに、墓じまいをする方が、おられたのは、本当に驚きました。


昔の方は、後世恐ろしと言ってましたが、今の世は、本当に恐ろしい世の中に、なってきました。


お葬式は、したけど、火葬場が足りなくて、できないという事態も、起こっています。

京都の斎場では、都市ガスで、焼くそうです。都市ガスが何かで、停止の時は、予備のボンベを用意しているとか聞いております。万全の体制のようです。
時代は、変わりましたね、


変わらないのは、あなたの頭の中かも、知れませんね、取り残されないように、しましょう。
生きていのも、大変、

でも、この世の中は、早く死なさせてと、言っても、地獄の閻魔さんが、拒否権をして、楽しい楽園に通してくれません。

30年近くの前の話なのですが、会社の方が、その日、グル−プのレクリェションで、宝探しをやり、1等を探しそのあと、体調急変し、、、亡くなりましたが、その夜蘇生して、言った言葉は、前方にきれいな花が咲いていたと、言ってたそうですが、そのあと、また亡くなったようです。

ゴルフで、その日、一位だったのに、その夜亡くなった方も、おられました。

地獄の沙汰も、金次第か、言いますが、今は、亡くなった時、、昔は、金貨をつけてましたが、
紙の偽札が身に着けられます。
これが、地獄の閻魔さんが、どう裁きをされるのかは、私には、わかりませんが、
やはり、日頃の行いが、影響するではないかと、思ったりしております。


皆様には、今日もいい日でありますように、
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご訪問ありがとうございました
我達の父は90歳です
体がだんだん動かなくなって不安と闘っているようです
きっと不安だと思います
生きていて良かった〜という瞬間が続くといいな〜と思っていますが
そうなっていますかどうか…
私は60代前半ですが
今から不安です
おいちゃん
2018/09/10 11:21
おいちゃんさん、コメントありがとうございます。
お父さん、90歳なんて、長生きされて幸せ者ですね、
そうだ、思いだいましたが、まえにお会いした方,93歳なのに、コンバインとか使い農業しているとか言われました。
あわによし
2018/09/10 17:00
 先輩も早起きですね。小生は朝日新聞から読売新聞に宗旨替えした古希+1の若造です。以前は3:30頃起きて新聞を取りに出たのですが、同居人から近所迷惑だからもう少し遅くしてと云われてしまいました。
 そうこうするうちにプレミアムというサービスが始まり、連載小説などは3:00に更新されるものもあるため、寝床の中で読んでいます。消費税込みで月額¥162(新聞を講読しているからですが)ですから、年金生活者にもがまんどころです。
 さて肝心のお墓の話ですが、小生はまだ準備が整っていません。樹木葬やら散骨やら、いろいろな選択肢があり迷っているうちに、お呼ばれになってしまうかも知れません。
 暫く前に、檀家の減少対策として「墓地をタダで差し上げます」というお寺に決めそうになったのですが、家内の反対で諦めました。準備が出来なかった時は実家のお墓にお世話になるつもりで、永代供養料を渡そうとも思っています。自分はまだ先だと思っていると、いつどうなるか分かりませんので悩ましい問題ですね。
熊谷 三郎
2018/11/12 10:14
熊谷三郎さん、コメントありがとうございます。
墓地を無料でいただけるのは、いいですね、こちらでは、檀家の移動が始まってます。大きな寺の檀家に、移動です。お寺も、150軒なければ、食べていけない時代なのです。
少ない檀家は、破滅していくのではないかと思います。
墓じまいも、始まっております。
あをにょし
2018/11/12 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
地獄の沙汰も、金次第? 老いぼれ爺さんの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる